スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の十三回忌

先週末、三連休を利用して長崎に帰省してました。
父の十三回忌の法要で 四人姉妹にそれぞれの子どもがあわせて十二人。
母と夫で総勢二十一人の大家族が誰一人と欠けることなく、
ひしめき合って 父のお墓に手を合わせました。
kounoura.jpg
海を見下ろすこの墓地は
私たち姉妹にとっては 強烈な思い出の場所でもあります。


父はこのお墓を守るために 生きていたとも 思えるほどに一家の長であったし、
わたしたちは そんな父の 生業の中で
いま想えば 実に ぬくぬくと 少女時代を過ごさせてもらった。
久しぶりに姉妹で集まれば もうただそれだけで 嬉しくて
心が躍り、ああそういえば、昔はこんな風に 家族で暮らしていたんだったと 思い出した。
大人になるにつれ いろんな悩みを抱え込むことがふえ、
そんな悩みを 親のせいにして 言い訳して生きていた時期もあったけど
いやいやいや こんな風に家族で 顔を見合わせて 笑い合って
「あぁ、幸せ」って 確かに 思えた瞬間があった。
不思議なほど 鮮明に そのとき そう感じたことを 思い出すと同時に
一瞬で 心が そのときに もどった。

四坪はある墓地は都会では珍しいと思うけれど
この田舎ですら この集落では一番 広い墓地だった。
季節柄 舞い落ちた落ち葉は膝丈にも 積もり
それを 子どもたちは 服の汚れるのもいとわず
素手で抱えては 路地の向こうに捨てにいく。
お寺の小坊主のように無言で行をつむようでもあり
それでも ひとり またひとり と従兄弟の顔が増えれば
そこに 歓声がわき 手がとまる。
お寺さんに参る時間が近づき、
総勢21名がひしめき合って 流れ作業で線香をあげ 手を合わせた。

手を合わせても 南無阿弥陀仏 以外に 言葉が思いつかない。
嬉しくて嬉しくて。
父もきっと喜んでいる。
何より 家族を愛してくれた 父だったから。


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)







写真に取れない風景が心にやきつく日

たんぽぽポスター

ひさしぶりの投稿です。
書くことがないからというより
書くことより考えることのほうが多かったから。

で、今日はたんぽぽどこか 空間(そら) のおはなし会でした。
写真ありません。
撮るべきものがなかったのではなく
あまりの楽しさに写真撮るのを忘れてました。

ようやく、おはなし会が終わってから
思い出して親子ツーショットの写真を撮らせていただいたんだけど、
絞りの調節がおかしかったようで、
それらもすべて、色調が乱れてます。

あーあ、たくさんのひとが来てくれた
あの 熱気を 写真に納めたかったなあ。
あの 笑顔 画像で残したかったなあ。
あーあ 本当に残念。

誰か、写真好きなひと さぼメンバーになってくれないかな。
あと、会計できるひと
あと ウェブデザイン 得意な人
あと、 いま 特に欲しい人材は
木工ガール → えほんの森ことばの泉Cafe

今日、ママたちと少し話す時間があったんだ。
すごく 楽しかった!っ言ってくれて、
来月も楽しみ!って言ってくれて
さぼカフェも行きたい!っ言ってくれて

なんか 勇気をいただいたよ。

写真にはとれなかったけど
大切な時間は心に焼きつくんだと思うよ

人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)

アナクロニズムはさぼりずむ

アナクロとは
時代遅れ
時代錯誤のこと。




アナクロなもの

たとえば えんぴつ
たとえば とほ
たとえば てがみ
たとえば こえ
たとえば 手

時代遅れなモノに
命を吹き込んでいきましょう

誰もがもつ
このふたつのてのひらに
うっとりと たんぽぽを
思い浮かべる

そんな てあそびうた わらべうた

時代遅れなモノに
たったいまを いきている
生身の思いを のせて
発信する

それが 伽屋茶房の さぼりずむ


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)

たんぽぽはこうして生まれた

あべちゃんの メールの業務連絡は
ときどき ポエムになる
わたしは それを カードにしたりする

tanpopo.jpg

たかみちゃんは学区小学校の
読み聞かせボランティアの代表をつとめます。
朝の読み聞かせ。
彼女は
「今日読んだこの絵本が
いつか どこかで 誰かが
ふと 思い出して くれたらいいな」
と 思いを込めながら読んでいるそうです。

たかみちゃんの思いが
あべちゃんのポエムとなり
そして 「おはなしたんぽぽ」が
うまれました。

人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
えほんの読み語り さぼの「おはなしたんぽぽ」
 たんぽぽ いつか 「時間(とき)」
 たんぽぽ どこか 「空間(そら)」
 たんぽぽ だれか 「人間(ひと)」
全3回でお届けします。

旅の終わりはたんぽぽ咲く野へ

皆様

本日は『えほんの読み語りさぼの「ことりのおはなし会」』にご参加いただき、有難うございました。
また、楽しかった!という メッセージをお寄せくださったみなさま、
メンバー一同大喜びです。
今日はスタートから、子どもたちがノリノリの空気感じてました。
子どもたちの心に 文化が根づいてきていることを
実感しております。

次回プログラム
えほんの読み語り
サボの「おはなしたんぽぽ」
10月28(火) テアトルフォンテ創作室でスタートです。

とき

さぼのチームは個性がバラバラで考えてることもバラバラなので、
これはあくまでも私の考えなのですが…

私は いずみ中央に「読み聞かせの文化」というものを創りたいと常々考えています。
文化といっても、たいしたことではないのです。
手をかけて、思いを持って作り上げ、
それを続けていくことが文化だと私は思っています。
で、そのスタートがことりだったり、たんぼぽだったり、するわけです。
ですから、こうして参加していただくことで、すでに皆様は文化作りのお仲間、
喜んでいただけれだ支援者、続けて来ていただければ同志。
もう、皆様に支えていただいてのさぼです。

そら

とはいえ、同じさぼのメンバーでも、
たかみは
「いつか どこかで 誰かに 思い出してもらえますように」と祈りを込め、

あべは「いつでもどこでも読みます。読み屋おばばです。読めれば幸せ。喜んで。」

つまり三人三様、バラバラのさぼですから、来ていただく、ママも子どもも、
好き勝手な思いで来ていただければこれ幸い。
ついでに、楽しんでいただければ、
あべ、はら、たかみも大喜びというわけです。

ひと
たんぽぽひと
そんなわけで、本日、さぼメンバー一同、たいへん楽しませていただきました。
次回また、たんぽぽでお会い出来ますこと、楽しみにお待ちしております。
これからもさぼをよろしくお願いいたします。
えほんの森ことばの泉
伽屋茶房 🌿はら
たんぽぽポスター


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
スタートは
たんぽぽいつか
時間(とき)


えほんの読み語りさぼの「ことりのおはなし会」ファイナル (2014.9.10)

旅に出る

ことりのおはなし会第三回のファイナルのテーマは「旅に出る」

次回は、ママのいらいら、こどものぷんぷんをにこにこに変えてくれる、
やさしい絵本たちを集めてみました。題して「母は怒り(いかり)をあげて旅に出る」。
 「子育てに疲れたときは旅に出ましょう。そんなだいそれた旅でなくていいのです。
近所のコンビニだって、4畳半の本棚の絵本の世界だって。
船がいかりをあげて海風に帆をはらますように、目の前の煮詰まった日常を
飛び出してしまいましょう」そんなベテラン保健師の育児アドバイスを交えてのおはなし会。
ぜひ、お友だちお誘いあわせておこしくださいませ。
 また子どもたちに向けては、『れっつ、いんじょい、いんぐりっしゅ1・2・3』
英語絵本のブックスタートは、英語の数で遊びます。ニューフェイスたかみのカナダでの、
バスガイドの経験を生かして、子どもたちは、さながらカナディアンロッキーバスツアー。

□9月10日水曜日10時半から12時
□泉区公会堂二階和室
□会場費 親子100円
□相鉄いずみ中央駅より徒歩3分
□地下駐車場は有料となっております。

ツアーチケットをにぎりしめて
カナディアンバスツアーの旅へ
どんどんぱっ!
カナダバスチケット




子どもたちの笑顔に
ぴかぴか賞

人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)


おかあさんだいすきだよおかあさんだいすきだよ
(2014/02/10)
みやにしたつや

商品詳細を見る



もうママったら!もうママったら!
(2013/02)
寺島 ゆか

商品詳細を見る



くまさん くまさん なに みてるの? (エリック・カールの絵本)くまさん くまさん なに みてるの? (エリック・カールの絵本)
(1984/11)
ビル=マーチン

商品詳細を見る



Canada 123Canada 123
(2006/02)
Kim Bellefontaine、Per Henrik Gurth 他

商品詳細を見る



今日 (福音館の単行本)今日 (福音館の単行本)
(2013/02/13)
不明

商品詳細を見る

えほんの読み語りさぼの「ことりのおはなし会」vol.2 (2014.7.14)

kotori7-16.jpg

えほんの森ことばの泉 伽屋茶房のはらです。
このたび、子どもゆめ基金より、助成をいただき、
『絵本の読み語り さぼの「ことりのお話し会」を開催しております。
第二回目のテーマは『音育』。
アイリッシュハープの演奏家 エル♩ソレイユの梶伸子先生お招きして、
絵本の読み聞かせとハープの演奏会を行います。
梶先生は「 ハープの優しい音色が 子どものこころを健やかに育む」
音育プログラムを伝えるため、通常のレッスンのかたわら、マタニティ
クリニックや親子サークルなどで活動される、ママたちにとっては
心強いサポーター。
今回の さぼとのコラボのテーマは「ひとひらの風 夏のハープと絵本の調べ」
盛夏にひとときの涼を感じていただけるようなプログラムを準備しております。
お子様だけではなく、忙しいママたちにもぜひ お伝えしたい音色です。
お友だちお誘い合わせのうえ、奮ってお申し込みくださいませ。

□7月16日水曜日10時半から12時
□泉区公会堂二階和室
□会場費 親子100円
□相鉄いずみ中央駅より徒歩3分
□地下駐車場は有料となっております。

IMG_0285.jpg

めざせ 皆勤賞
シールカード

人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)

ことりがとんだ(アーカイブ)4/10

昨年暮れ、あべちゃんがミーティングで口ずさんだ
ことりの詩から生まれたこの企画。

さぼの「ことりのおはなし会」



さぼの小さな青い鳥が2014年4月10日、
桜吹雪舞い散る春の空に
軽やかに飛び立ちました。

( ̄▽ ̄)。o0○ シミジミ~



もったいつけてすみません。
これ
↓↓↓↓

josei_hyouji.jpg

「こどもゆめ基金」助成事業(←クリック)への採択が決定しました。

わ~い♪\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/わ~い♪

2014100711521664a.jpg


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
さぼのことりのおはなしかい

2014100711511466b.jpg
伽屋茶房 さぼルームから始まりました

そうだ富水、行こう

そうだ国府津、行こう(←クリック

とんちゃんの 「おとなだって、絵本」の会に行ったのは
昨年のゴールデンウィークのこと。

このとき、たけおの就活問題で
ひどくナーバスな気持ちをぶちまけたのが
この 絵本講座でした。

絵本と言うのは
もちろん、その本意なる意図をもって
作者の思いを込めて
編まれたものであることは
もちろんなのですが、

不思議なことに
それは 読み手側あるいは
聞き手側にとって
自分仕様に 再編集され
つごうよく 自分の中で
言語変換され
勝手に 感動する

というか、メッセージを受け取る

もうこうなると
芸術に近いものだと思うのだけど

ひどくナーバスになった母親
というのは、
非常に研ぎ澄まされた感覚で
えほんのひとことひとことに
じぶんの 心境を重ねあわせたりするのではなかろうか

なにしろ、わたしはその日
すっかり それらの本に
自分の迷いを
重ね合わせたのでした

帰り道の東海道(クリック)

で、そのときの記事をこうして掘り起こして
びびび びっくり





「絵本は祈りに似ている」

ということばがしみじみ沁みます。


今日 (福音館の単行本)今日 (福音館の単行本)
(2013/02/13)
不明

商品詳細を見る




さきの「ことりのおはなし会」(ファイナル)でたった1冊わたしが読んだ本。
この本は とんちゃんやもりちゃんが
紹介してくれた本だということは
覚えていたのだけど
自分のブログの記録の中に出てきたことに
おどろいた



ところで、今回のとんちゃんの「おとなだって絵本」の会は
お産 がテーマ。
お産のはなしはもれなく
自分の母親につながっている
という 他の参加者のコメントが
印象的でした

とんちゃんのブログもぜひごらんください

おはなし会で やはり 心をすり合わせたのが
この絵本でした

手から、手へ手から、手へ
(2012/10/05)
池井 昌樹

商品詳細を見る





人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
1年ぶりにいって
1年ぶりの人に会えました





最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。