さぼの生まれた日

 小学校の読み聞かせボランティア。帰り道の下駄箱。わたしたちは出会いました。あべちゃんはその日子供たちに読んだ「ももたろう」の絵本を読んでくれました。あべちゃんの読む「ももたろう」のももは「どんぶらこ どんぶらこ」ではなく、「つんぶく かんぶく」と流れました。それがとっても楽しくって、わたしたち三人はもっともっと絵本の話をしたいと思いました。こうして、わたしたち読み屋のサークルは生まれました。
 絵本の中のももたろうは おじいさん、おばあさんに「ももたろうや。ももたろうや」と可愛がられます。
『名まえを呼ぶことは愛されること』
大切な名前だから、一生懸命考えて、このサークルの名前を「伽屋茶房」と決め、愛情を込めて、「さぼ」とよぶことにしました。




ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)
(1965/02/20)
まつい ただし

商品詳細を見る

この絵本のおかげでさぼは生まれました


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる