寺の娘の名前(2)

実は私は、この寺の娘とは
幼い頃に、2、3回会った程度である。
彼女が「すごい」というのは
仲間内での情報が
わたしの中で 偶像化されてるだけだから、
じゃあ、何がすごいのかは、わからない。

でも、仲間みんながすごいといって
かの菩薩のなんぶうですら
たじたじになるんだから、
やはりそりゃあすごそうだ。

そもそも、孔子にしたって
キリストにしたって
そもそも仏陀にしたって、

本人自らが自分のことばで
何か書物なり、経典なりを
したためたわけではなかろう。

孔子には荘子や老子が
キリストにはパウロやヨハネが
仏陀においても
その死後に、弟子たちで経典をまとめたものである。

つまり、何が言いたいのかというと、
いまは、「なんかすごい」くらいの
イメージ戦略で十分。

「なんかわからないけど、すごそう」

亜希ちゃんには その スケールのでかさを
大切にして欲しい と 切に願う。

寺の娘の寺子屋。

学びの原点回帰を期待してやまない。

それでも、ぜひ、世界を見てきてほしい。
日本の小ささをみて
日本の偉大さを感じてほしい


そういえば、先週末の実家でこんなニュースが飛び込んだ

長崎市の料亭春海が国の有形文化財に答申されたというニュース。
http://www.pref.nagasaki.jp/press-contents/170138/

この春海の末娘と私は大学のゼミが同じで
しかも、たった2人のゼミ生。

ゼミの忘年会をこの料亭でお願いしたり
何かと遊びに行ったりと、
実にぜいたくな午後の茶会を楽しませていただいた。
つねづね、素晴らしいなあとはおもっていたけれど
文化財に指定されるとは。

と、こんなふうに
スケールがでかすぎると
そばにいても、
いや、そばにあったからこそ
気づかないという話。



3年ほど前、忘年会も佳境の師走の土曜日に
夫と二人、この、貴賓室を使わせていただいた。
仲居さんのお話でもなかなか、この部屋は取れないとのこと。
と、いまさら、たじろぐ。





人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる