FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほめや

絵本を読んでくれる人を
読み屋さんというならば

じぶんにとって
気持ちよく誉めてくれるひとは
誉め屋さん。
みなさんにとっての
誉め屋さんって いませんか?

ひとって 「すごいね」とか「いいね」とか
何でもかんでも ほめてもらって
嬉しいわけじゃ  ないじゃないですか

フェイスブックのように
「いいね!」の
数では決められない

ここ というところを いい~感じで
きもちよ~く 誉めてくれるひと。


思い出してもね わたし そんな友人がいたんですよ!
いまでも ずっと つきあってきた 友人。

いえ、ほめてくれるから
つきあってこれた わけではなく、
自分自身が 尊敬できるから
付き合ってきたわけなんですけどね。

で、このおはなしは
おともだちではなく
誉め上手な 先生のお話。


てんてん
(2004/01)
ピーター レイノルズ

商品詳細を見る


すごく頑張ったことを誉められるのは
そりゃあ嬉しいけれど

自分が苦もなくやっていることを
畏敬を込めて 誉められたときが

実は一番嬉しいかもしれない


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。