スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちのママん

約一年前頃、こんなことを書いていました。

アーカイブ「追記書くことが好き」



私は自分で「親からの自立」を感じたのは とっても遅いんです。

実家を離れて

30になる前に子どもが三人生まれて

ほんとに 子育てのたいへんな頃なんですね。



長男の就活問題で今度は自立を促す
いや 見守る立場にたったわけですが。

いや、またこれが 大変で。

わたし、比較的、
口うるさくないほう
干渉しないほう
理解があるほう

だと思ってきたんですね。

実際、これまではそういう親でいれたというわけで。

これが、明らかに
自分の価値観と対立したときは
そんな 余裕もぶっとぶということに
苦悩しました。

あくまでも 息子の問題ではなく
自分の問題。

悩みは 子どもではなく自分。

ことばで伝えられないもどかしさに
地団駄踏む思いというより
実際に 体のあちこちで
私は納得できない!!
ということを 息子に伝えたのだけど

そんな行為を息子はこういいます。

「そういう言語をつかう人なんだね」

まあ 息子曰く 暴力とか泣き落としとかも
ことばで表現できなくなったときに
相手を封じ込めるために使う 言語

地団駄ふむことも暴力。

そうまでして わたしは
息子に対して 圧をかけました。

そんな自分に反吐が出たのですよ!

あったかい母でありたいのに
そうでいられない
そうはさせてくれない 息子に
ため息が出るのですよ

そんな葛藤もありましたが

終わってみれば
あっけないくらいに
そこに わだかまりもなく
記憶すら曖昧で

息子の記憶に 何が焼き付けれたかはともかく

わたしは 呆(ほう)けたようになりました。

産みの儀式に似てますね。



その点、いまさらながら
うちの母は ぞんざいで偉大だったな
と・・思います。

そこに恨みつらみをもったときもありましたが、

実にわたしの進路に関してクールだった。
クールと言う言葉は 母のイメージからして
まったく そぐわないのだけど
母は 少なくとも 私からみた 母は
子どもの活躍・成功・自慢 そういったものに
重きをおかない

活躍して欲しいとか
成功して欲しいとか
自慢したいとか

そんな願いがとても希薄だと
いま振り返っても思う。

その 欲の無さに辟易したし
少しくらい 頑張ったところで
それが たいして 母を喜ばせない
という虚しさもありましたが。


けれど 息子のことで相談しても
私の心配こそすれ
孫の心配などせず、

こんどは 娘が大学院までいって
ヨガのインストラクターになりたいといえば
(心から)「それもいいんじゃない」と納得する
昔から変わらない 間の抜けた気楽さは 偉大だな

と いまさら つくづく 思います。



ま、そんな風にはなりたくないとは
つねづね 思っていますが・・


┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~




ずっと元気だった母がひざを痛めて歩けなくなりました。
うちの息子がこの夏に久しぶりに帰省するのを楽しみに
頑張って治すと言ってますが。
banner (6)
ころんを押すと笑顔がはじけます

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

無意識に 圧をかけている 自分に気づいて
暗澹たる思いになったこと わたしもあります

とはいえ 息子は所詮コドモ
かわいいとゆー気持ちが先に立つ

わたしの母は
子どもの成功を 自分の手柄にするタイプで
すっかり
「ママのいうことをよく聞くいい子」として育ったわたしは
いろんなことに気づくのが大変に遅かった li _| ̄|〇 il||li
そうしないように 気をつけているのですが
ほんと自立って難しいですね

けいさん

子育て終盤かあ・・というときに
足を救われるような 思いでした。

子どもを まだ 信じきれてない自分に
嫌気がさしましたよ。

とはいえ、息子も
信じられないようなことを
平気で言うのだから
親のほうが 試されたのでしょうかね。

で、試されて 諦められて
彼も 信じるのは自分しかないと
気づいてくれれば いいな と思います。

やはり 彼の人生は彼の人生なのですから。

こちらも いい感じで
諦めがついたというか
いまは「頑張れ~」という気持ちです。

けいさんの 親孝行な
ロンドン旅行。
素晴らしいですね。
お母様 お幸せ♪


最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。