ごりごりと(15)

エクスターン初日。
ふうこは元気に帰って来た。

どうだった?

と聞けば、

え?何が?

と返すくらいの
気楽さで。

結局、
案ずるより産むが易し
まったく、問題なく
むしろ、想像以上に
その経験を楽しんで帰ってきた


そうそう、産む
と言えば・・・




お産の話が途中で終わってたんだった。

ふうこのお産を語りたくなった 話




車ですでに
下に降りる感じで
やばい!と思った。

産科の駐車場でも
何度かうずくまるほどに
陣痛の感覚は短くなっていた。

わずかの間をぬって
待合室に飛び込む。
混雑。
遅れて来た両親を振り返る。
のんびり、眺めている。

もうだめだ!

受付けの人に

「もう生まれます‼︎」

と叫んで、返事も待たず
診察室にずんずん進む。

にわかに辺りが騒々しくなる。

ここに寝て!
全開大!
頭見えてます!
生まれます!

これに乗って!

大騒ぎの看護婦さんたちの声に
むしろ
ようやく安心した。

もう産める。


ひといきみ して

産声。


良かった。間に合った。
ベッドの上で生めた。
じいじの車の中じゃなくて良かった。
駐車場の固いアスファルトの上じゃなくて良かった。
みんなが見ている待合じゃなくて良かった。

いろんな安堵が押し寄せた。

娘を抱き、
処置も終わり、
幸せに満たされた。

入院する個室に移動するため
分娩室を出たところに
両親が待っていた。

こちらが話す前に
先に母に声をかけられた。



良かったね❗️
安産で!


・・・・


わたしは 驚いて
答えられなかった、


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
ふうこはこうしてうまれたんだ




スポンサーサイト

ごりごりと(14)

ずっと記憶の片隅にあったことが
ひとつのことがきっかけで
次々に 思い出されてしまう。

書こうとしていたことは
プレッシャーに弱いということ。
その中でも
「覚悟しとけ」とか
「大変だぞ」とか
不確定で 曖昧に飛ばされる
檄(げき)にめちゃめちゃ弱いということ。

だから、おそらく
目の前に課題の束を
山積みで置いたとしても
彼女はそれを
時間なり日数なり割って
必要なノルマだけを
タンタンとこなしていける。

ある意味彼女の気楽さは
そこにあまり完成度を
求めない というところにある。

とりあえず、やってしまえば
もう、それで思いを残すこともなく
涼しいものである。

だから、中学生高校生の期末テストなど
部活をしながら時間的にはやりくりしただろうが
やりくりした分、試験直前には
おつりが来てるくらいだった。

試験直前の追い込みが一番集中するだろうに
もう、そのときには余裕のよっちゃんで
鼻歌交じりのよしこさんだった。

ところが、見えない敵というか、
曖昧で、中途半端な
ことば に よる プレッシャーというのは
いとも簡単に彼女を押しつぶす。

今回のエクスターンでは
先輩に
「中途半端な気持ちで行ってはいけない」
と言われたことばに震え上がるのだ。

何が中途半端なのかわからない
何を覚悟すればいいのかわからない
どんな厳しい環境が待ち受けてるのだろう

そんな、脳内モンスターと戦い
一週間ほど前からは
呼吸が浅くなり
三日前からは不眠になり
とうとう、前夜、当日の朝には
腹痛を起こした



人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
お腹を壊したふうこを見たのは
赤ちゃん以来かも。
いや、赤ちゃんのときだって
お腹を壊したふうこは
記憶にない。

ふうこ ピンチ!






ごりごりと(13)

今思い出せば、当時はまだ
部活も引退する前ではあった。
ふうこは冬には市の強化選手にも選ばれ
秋口の県大会が終わるまでは
むしろ、部活もハードな時期でもあった。
しかも部長で、後輩の
練習メニューもつくらされていた。

夏休み前にほとんどの部活で
三年生は引退し
当然、学習塾もその前提で
夏期講習プログラムをつくる。

確かに大変ではある。

でも、そんな具体的な現実的な事実ではなく

「大変だから覚悟しとけ」

この言葉にびびりあがるのだ

その証拠に、夏休みが始まってからは
大変そうだった、
という記憶が わたしにはない。

それこそ、決められたことを
ごりごりと やり通すことに
迷いはなく いっそ すがすがしいくらいだった。

それでも、夏休みも終わった秋頃
いよいよ部活の大会も近づいた頃
いや もしかしたら
それも終わったころ
何度か、やはり、真っ青な顔で
「塾を休みたい」
と言ったことがあった。

こんなとき わたしはすごく迷う。

わたしはもともとぬるい性格なので
「休んじゃえ!休んじゃえ!」
というタイプ。

でも、だからこそ こんなときは気丈に
「いまは大切なときだからいってらっしゃい」
と、言ってあげられる母でありたい

と思う。

ふうこへの同情と
自分の母としての理想の
葛藤で ふらふらし
顔色を見つめる娘の眼差しに
つぶれそうな気持ちになった

DSC03105.jpg
湯島天神
たくさんの合格祈願の絵馬


結局どうしたかは
あんまり覚えてないし
大事でもない。

受験が大変!

というのはまさしく
そういうことなのだ。

で、そんな葛藤を何度か
やり過ごすことで
強くなる。

ふうこはふうこで
そうやって
強くなっていったのだと思う。


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
いよいよ時間がなかった大会直前
学校まで迎えにいって
塾まで送って行くことがあった。

一度だけ

中学から少し離れた
作業着屋さんの斜め前の歩道のかげで
お腹空かせて
菓子パンをほおばって待ってたことがあった。
車でその姿を見つけたとき
とても切なく感じたことを
覚えてる

ごりごりと(12)

ロースクールに通うふうこが
昨日からエクスターンシップで
法律事務所に通っている。

実はこのゴリゴリ娘、
極端なびびりで
未体験のことに対する、
というか、
過酷な体験を要求されると
びびって、震え上がって
動揺する。

これまでで一番
それが顕著だったのは
中学3年の夏休み前、
当時通っていた学習塾は
難関私立も対象にしていたため
課題の多い塾ではあった。

問題はそんなことではなくて、

「夏になったら大変だぞ!
覚悟しとけよ!」

くらいの、発破はかける。
先生方は。
だって、そこは学習塾で
しかも、彼女らはその年、
まさに 受験生だから。
そりゃ当然。



DSC03112 (1)
湯島天神のおみくじ


でも ふうこは、この
ゲキに震え上がり
びびりあがり、
うろたえた。

当時、駅まで迎えに行き、
家までの10分ほど
その日あった出来事を
おしゃべりしながら、
帰り着くのが常だった。

それが、ゴールデンウィークを過ぎたあたりから
「夏期講習すごいんだって」
という話で真っ青になって
ふるえるようになった。

で、これが面白いのだが、
何がどうだから大変!
というのでもないのである。

「夏休みは覚悟しとけよ」

この言葉に
震え上がるのである。


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
ふうこ 覚悟し過ぎ




ことりのおはなし会のご案内

ことりのおはなし会も残すところ9月10日の1回のみとなりました。

ご案内
9月10日(水)
10:30より12:00
横浜市泉区公会堂和室
対象 1歳から6歳の親子
および保育園児
参加費 大人のみ100円

お申し込みは、こちらのブログより
コメント欄あるいはメールにてお願いします。
会場の都合で40人を超える場合、
お断りさせていただくこともあります。
お早めにお申し込みくださいませ。

ご案内

⚓️⚓️⚓️⚓️⚓️

ことりのおはなし会第三回のテーマは「旅に出る」

次回は、ママのいらいら、こどものぷんぷんをにこにこに変えてくれる、やさしい絵本たちを集めてみました。題して「母は怒り(いかり)をあげて旅に出る」。
 「子育てに疲れたときは旅に出ましょう。そんなだいそれた旅でなくていいのです。近所のコンビニだって、4畳半の本棚の絵本の世界だって。船がいかりをあげて海風に帆をはらますように、目の前の煮詰まった日常を飛び出してしまいましょう」そんなベテラン保健師の育児アドバイスを交えてのおはなし会。
ぜひ、お友だちお誘いあわせておこしくださいませ。
 また子どもたちに向けては、『れっつ、いんじょい、いんぐりっしゅ1・2・3』英語絵本のブックスタートは、英語の数で遊びます。ニューフェイスたかみのカナダでのバスガイドの経験を生かして、子どもたちは、さながらナイアガラの滝バスツアー。
どうぞ船旅、バスツアー2本立てでお楽しみくださいませ。
20140820100231f09.jpg

というわけで、
ことりのおはなし会大好評絶賛上演中。
次回もって千秋楽ということで、
ただいま、次の企画を練っています。



人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
次の企画は
えほんの読み語り
さぼの「おはなしたんぽぽ」
(子どもゆめ基金助成事業)
20140820094322c13.jpg




さぼのTシャツ

あべちゃんの口ずさんだ
コトリのポエムで始まった
「ことりのおはなし会」
子どもゆめ基金リーフレット表

ことりは すだつ
         はねを ひろげる
ことりは 青い 空に まう
         白い 雲に のる
         お日さまと うたう
ことりは こどもの むねを やさしく ノックする音
ことりは えほんを そっと とじる音
ことりは ちょっぴり はやめに 風が きせつを つげる音
ことりは いねむり赤ちゃんの ほっぺを てんしが なでる音
  きこえるかしら
ほら あなたの そばの
            ことり という やさしい音   
ゆめ基金リーフレット表

こんな感じでスタートしたが
20140819114836bfb.jpg

オリジナルTシャツ(UTMe!)←クリック
20140819114832e39.jpg

はらぺこあおむしをへて
aomusi.jpg
20140819135121f68.jpg

いまはこんな感じ(鎌倉・文具と雑貨の店「コトリ」)←クリック
20140819114831b64.jpg

IMG_0955.jpg


次回のコトリは9月10日
201408191148373a3.jpg





人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
Tシャツのバックプリントの小さなコトリを
お見逃しなく
kotori.jpg









夏休みももうすぐ終わり

あまりにもお盆休みの五日間が暇すぎて
むしろ 仕事始まりが嬉しいという
幸せな 月曜日
2014081816472847a.jpg
子どもも夏休みのほうが
集中する。

時間はゆっくり過ぎるのに
あっという間に終わる不思議。


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)

20140818171748ccb.jpg
今年のカサブランカ


アンドロイドなたけお(27)

朝電話して
特に用事がないなら
晩ご飯でも食べに来れば と 誘った

電話を切ってから
その日がもう日曜で
明日はまた仕事なんだから
早めに来ないと
何時間もいれないんだった
と気づいた。

すぐにおいでよ

とあらためて電話をしたら
もう出るところだという。

なんというか、
そのノリの良さというか
こちらとリズムがあってる感じ、
打てば響く感じ、
もう、ただそんなことでさえ
大人なアンドロイドを感じてしまう。

制御されてきた感じ。

201408160848003f3.jpg

もう、この子と
周波数があうこともないのかなぁ
と感じることもあった去年の春。

いや、むしろそれがあたりまえ。
たけおはたけおの
ペースで生きていて
無理やり、こちらに同期させようとしたから
互いに バグを起こしたんだった。

そんな諦めとも達観とも思える境地に
至ったからこそ
たけおはむしろ
安心して ゆだねてこれるのか。

とても穏やかな表情で帰ってきて
いまの生活がとても
充実していることを
感じさせた。


ドタキャンされてほんとは
ちょっとうれしかったでしょ?

と聞けば、

破顔一笑

「嬉しかった」と。

ただ びっくりは したらしい
私がもうひとりビアガーデンを
楽しんだから
お流れに と いういきさつに。

しかも、友だちとの約束を断ってまで
私に付き合うつもりだったらしい。

つぎおからは
渋谷ひとり飲みに
ドン引きされるも
称えられた

「ひいたわ〜
でもお母さんすごいよ!
50歳なのに戦ってるよぉ!」



人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
なんだか
「50歳なのに…」
というフレーズに
とても励まされた。
嬉しかった



お盆ですね

8月15日お盆のこの日。
クリスマスのサンタさんなみに
忙しいこの方に
一杯のビールを捧げたい

20140815092414d6b.jpg

とはいえ、こちらの尊師よりも
奥方の方が喜びそうだが。

こちらというのは
こちら。

なむなむ

こちらの奥方とは
ふた月ほど前、
表参道を少し入ったあたりで
したたか飲んだ

結構な時間になり
帰りはタクシーをつかまえ
増上寺近くのホテルまで
乗せてもらったんだけど、
この増上寺にこそ
彼女はご用があって、今回、
上京されたわけ。

で、表参道から六本木を抜けて
増上寺はあっという間で
会話をするほどでもなかったのだけど
奥方が降り、最後の別れを惜しんだあと、
むしろ、このタクシーの運転手さんのほうが
盛り上がっていた。

なんでも、いま歴史もの
時代劇にはまってらっさるそうで
増上寺がいかに品格の高いお寺であるか

釈迦に説法


いやいや
馬の耳に念仏

がごとき語り出す。

しまいはそんな奥方と
ご友人であらせられる
あなた様もさぞ
やんごとなき御方に
あらせられましょうと
締めくくる。


お酒は入ってるし、
たいそう気分も良くなって、
どうぞ、このまま横浜まで
のせてくりゃれ


ぐらいのノリでひた走る。

ところが、いつの間にか
運転手さん(70歳)の身の上話

こいつはしまった
と思うも後のまつり。

ふんふんと話を聞き
発言小町で学んだ
一般論のアドバイスをして
最後は
ああ楽しかった!有難う!
と感謝される。


奥方と久しぶりにあったもので
善行を積みたくなったか
あるいは 新手の
シルバー商法につかまったか


まあ、そんなわけで
楽しかった夜

2014081510141175c.jpg


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)

みんな仲良し








アンドロイドなたけお(26)

実を言うと
私もたけおも
もっというと、夫も
イベントを予定することを嫌う

飲みに行きたければ
いますぐ行きたいし
行きたいな思ってたイベントでさえ
その当日に
スケジュールしたときの
熱量で楽しめる自信がない

最悪なのは
もうそのときに
面倒になってしまってるでは
という少し
強迫観念すら及ぶ。

もちろん
その逆もありで
期待もせずにいったら
楽しめることだってある。

201408140947079b9.jpg
(想像以上に楽しんだ
成人式記念撮影)


そんなわけで
たけおも
むしろこのドタキャンを
喜んだのではと思っていた。

それなのに
わざわざツイッターで
「ドタキャンされた」
と、つぶやいてるというものだから
朝から 電話をして、晩ご飯をうちで。
と誘ったのだった。

予定のなくなった休日。
もう、別の予定でも入れて
出かけてるかと思えば
寮にいて、
あっさり、来ると言う。

帰宅して開口一番聞いてみた。

ドタキャンされて迷惑だった?


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
その日、用事があったのを
断ってまで
私につきあおうと思っていたらしい。



アンドロイドなたけお(25)

そんなわけで、
すっかり 一人飲みを
楽しんでしまったため
この夏 あたため続けてきた
ビアガーデンに行きたい!
という情熱が もうすっかり
失せてしまった。

ま、それでも
友だちが相手だったら
「もう、行く気が失せたから行かない」
とも行かないんだけど
そこは、息子二人。

どうせ親孝行のつもりで
付き合ってくれるんだろうからと
気にもとめてないところに

明日場所どこ?

たけおからライン。

20140813134318992.jpg

なんか、飲み込めてないようだったけど
まあ、いいかと
思ってたら
つぎおが

お兄ちゃん
「母親にドタキャンされたって
つぶやいてるよ」

ああ、そうか
親子とはいえ、
親しき中にも礼儀あり

それは 失礼なことした

電話して
「今日用事がなければ
帰ってきたら?」

と誘えば
珍しいことに
すなおに 来るという。

それで、ようやく
最初に戻る。
と、いうわけ。

少し人間ぽくなった
たけおが戻ってきた。


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)

アンドロイドなたけお(24)

この店をたずねる前に
たけおとつぎおも誘っていた。

たけおは研修中でほとんど
残業しないと知っていたし
つぎおは同じ渋谷のどこかで
友達と一緒だったから

二人とも軽やかに
断ってきたので
おひとりさまを決め込んだ。

20140809001410e04.jpg


こちらのオーナーが
清廉で実直で
それだけでも心が震えるのに
スタッフの子たちの
不慣れでたどたどしい感じが
むしろ好感を誘う。

そんな彼が
若い二人組の学生の
レジをしながら
「どんな本が好きなんですか」
と質問されていた。

その瞬間に
どこかスイッチが入ったかのように
自分がどんな本が好きで
どんな思い入れがあるのかを
流れるように 饒舌に語る。



そうだった!ここは図書室だった❗️

カウンター横で
彼らの会話を聞いて
何だかぐっときた

人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
もはや 母親目線だな

アンドロイドなたけお(23)

この店の説明をすると長くなるんで
そこは また次回ということで
はしょるけど、
何しろ この 店は
オーナーの思いがいっぱいつまった
図書室であるというのは紛れもなく
ここで もはや 50歳になった
おばさんが 一人で 飲んでも
持て余すこともないほどに
本がある

だって そこは図書室だから。

渋谷道玄坂で大人が楽しめる図書室を作りたい

そんな コンセプトから生まれた
森の図書室。

2014081022111295a.jpg

渋谷道玄坂まっすぐ上って8分。
雑居ビルの3階。
「インターホンを押してしばらくお待ちください」
と あやしげなへたくそな文字。

インターホンを押すと
「一枚目のドアを開けて
しばらく お待ちください」

おいおい、注文の多い図書室か!

というわけで、塗装も古ぼけた
ありがちなドアを開けると
いきなりそこには
目の前を立ちふさぐ白木の本棚。
雑誌やら文庫やら単行本がディスプレイされていて
ふんふん わくわくと 眺めること
30秒。

本棚ドア。
ぐあらぐあらと
横に開き、いらっしゃいませ
と初々しいお出迎え。


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
森の図書室2
そこは ほんとに図書室だった


アンドロイドなたけお(22)

ほんとはたけおが帰ってきたその日、
たけおとつぎおとわたしで
どこか都内のビアガーデンに
いくつもりだった。

今年は流行のビアガーデンに
ずっと行きたくて
そしたらつぎおが
「お母さん、付き合うよ!」
って、言ってくれるものだから
だったら たけおも誘おう!
となって、三人で
代官山辺りで飲む予定だった。

ところが、その3日前の 木曜日、
池袋でとある人の講演会があった。

とある人とは
あべちゃんなんだけどね。

あべちゃんの講座。

絵本とことば(←クリック)

いつも、あべちゃんのリアル講座の
さぼなんだけど
ちゃんとした場所で
かしこまって受ける講座というのは
やっぱり心に響くものがあるんだ。

あべちゃんのおしみない
わらべうたの 指導に感動して
すっかり 心洗われた。

なんだか そのまま帰るのが
もったいなくて
ずっと 行ってみたかった
この店に いったんだ。

森の図書室
森の図書室(←クリック)


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
あれ?むだに長くなる





アンドロイドなたけお(21)

20140324004724c88.jpg

たけおが小さな引越しをしてから
はや5ヶ月。

自宅から1時間ほどの場所にある
単身寮で割と楽しそうにやっている。

家を出てからしばらくは
ふうこにたけおのツイッターを確認させたりして
様子伺いしたものだった。

「お兄ちゃん 何か 人間っぽくなってるんだけど」

前向きに 意思をもって 頑張っている
というか、
それと わかるような 表現をしているということが
もう 人間ぽかった。

そんなわけで 人間ぽくなった たけおが
先週 家に帰ってきた。

それというのも。

これが きっかけ。

森の図書室(←クリック)


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
ここで ひとり飲み
20140809001410e04.jpg


すいかに夢中2

今日のことりのおはなし会
やっぱり すいかに夢中

エンゼル(2)

こどもたちの表情をお伝えしたい
IMG_1006.jpg

ふうこが
「(ブログ)毎日
のぞいてる人がいるんだから
更新しなよ」

っていうから、しばらく更新してみることにする。





すいかのめいさんち (チューリップえほんシリーズ)すいかのめいさんち (チューリップえほんシリーズ)
(2013/06/11)
平田 昌広

商品詳細を見る


この絵本をたかちゃんが読んだ。

で、振付けてみんなで踊ったんだけど

これが うけた。

あーあ、残念だな。
言葉にすると
こんなにもつまらない。

こどもの
わくわくや
にこにこや
るんるんや

わたしやあべちゃん、
たかちゃんの
ごーごー が
伝わらない

伝えられないよー
ということを
伝えてみる


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
エンゼル4
伝えたい喜び


すいかに夢中



えほんの読み語り さぼのことりのおはなし宅配便
明日は 保育園の宅配2便目です。

明日宅配するのはずばり! 「夏野菜」

(すいかが くだものか やさいか
って テーマはおいといて)

この くまちゃんの首にかけているスイカのカードが良いでしょう?!
もう、作りながらにして、メロメロになってしまいました。
これを 描いたのは 学区中学の1年生の女の子。

実はこれは 彼女が描いたすいかの紙芝居を
コピーして作ったものなんですけどね。

さぼはただいま サロン化が進んでおりまして
芸術の香りが そちこちに。


前回のことりのおはなし会では



アイリッシュハープ奏者 エルソレイユのえるちゃんこと
梶伸子さんのハープの音色にのせて
絵本の読み語りをお届けしました。

総勢50名の公会堂和室では、
夏真っ盛りの横浜に ひとひらの風がおきました。






で、明日は
「涼しさなんかいらない!!
むしろ 猛暑を楽しむ!」

ぐらいの 熱量で訪れ
いい汗をかいて すっきりとした午後を迎える予定です。

絵本の読み聞かせで過ごす夏真っ盛りです。

はら

人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
いつも ポチしてくださって
有難うございます

最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる