スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキノエネルギー

私ね 絵本講座に参加して
つくづく感じたこと。

いや、私はあくまでも
絵本の知識も乏しく、
しかもそれほど絵本への造詣が深くない!!
(ここはきっぱり!)

でもね、絵本というのはあくまでも媒体なのですよ。
彼女らが 伝えたいのは きっと 「愛」。

おそらくね、読み屋さんたち本人すら
気づいていない。

だからこそ
私書き屋が おこがましくも しゃしゃり出て
きっぱりといいたい!

伝えたいのは「愛」

だから、知らず 人は癒され
しかも 読み手も慰められ
そして はらも はからずも ハッピーになる。

じゃあ、その愛はどこで生まれたか?

「好き」という気持ち。

絵本が「好き」というその気持ち。


最近ね、つくづく思うのですけど

「好き♪」という気持ちは
とてつもなく 偉大だな・・と。

掛け値がないじゃないですか。
比べようがない。

その人の 生き様そのもの。

人は 「好き」のために 生きていきたい。

はら はね そういう 読み手さんたちに
ほんとに たくさん 出会ってきたのですよ。

絵本が好きだから、
もう 読んだときに完結するわけです。
そこには評価も 見返りも
ましてや「無償の愛」なんて 高尚な概念もない。

好きというのは ほんと 偉大だなと つくづく思うわけです。

私は 松居直先生の講演に感動して 涙しましたが
ずうずうしくも、こんなことも感じていました。

松居先生のお話はこの二年の間に
私が出会った 読み手の皆さんから 学んだことばかり。


言い換えると 松居先生のお話は
きちんと 読み手の皆さんの中に 根付いて
『絵本道』ともいうべき 教えに 皆様 日々
忠実に励んでいらっしゃる。

道を お持ちの皆様で いらっしゃるから
そりゃあ、俗な私ですら
救済されるわけです。

柔道、空手道、茶道、華道・・多々
ありましょうが
絵本社中の皆様にありましては
『絵本道』なるものが
ここにあると 確信いたします

読み手の皆様へ 謹んで。

      かしこ



そして 慎みながら。

6月30日(日)
サンエール相模原 13時30分~14時30分
最寄 橋本駅(JR横浜線と相模線、京王電鉄の相模原線)

ここで もりちゃんとエルちゃん(←クリック)と
おまけで はらも 読みます。

どさくさにまぎれて
久々に 広報してみたりして。


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
実は本業の学習塾も正念場。
ただいま学区中学期末テスト。
めちゃめちゃ気合入ってます!!


スポンサーサイト

合宿

大学生三人の我が家は合宿所のようである。
みんな自由だし、奔放だ。

自分らの部屋は 物置状態にして
夜は リビングとそれに続く和室に 布団を並べる。
もう 数年間 部屋を片付けなさいといい続けてきてけれど
私が ぶちきれたときにだけ 
顔色見ながら わずかに片付け、
それをみて 気を良くしてたら
すーっと 明るく 家を出ていくことの
繰り返しで ここまで来た。

わたしも 怒りを長時間もち続けることができないし
優しく教え諭して 変わるはずもなく
もう とっとと出て行ってくれと 祈る日々。


自由な合宿所だから
たまに 誰も帰って来ない夜もある。

我が家は誰も鍵を持ち歩かないので
夜中明け方にピンポンがなることも珍しくない。
落ち着き無く ひとり床につき、
朝 目覚めて 誰も帰って来なかったリビングを見て

「なんだこれ、わたしは愛人か」
と自分を突っ込み、少しポカンとする。

単身赴任の夫が
「少しは俺の寂しさがわかるだろ」といえば
「残念! わたしには コロンがいるし」と
軽く 突き放す妻。




昨日のさぼのお話会で
参加していたお母さんから
こんな本を読んでもらった。
最後の夜の絵が ほっこりした。



こすずめのぼうけん (こどものとも傑作集)こすずめのぼうけん (こどものとも傑作集)
(1977/04/01)
ルース・エインズワース

商品詳細を見る





人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
無茶をして飛び出した小雀が
ようやく帰り着いたとき
どれほどにか 心配したであろうに母雀は
やさしく労わり しからない。
彼女はそれが 「たまらなく いい!」と言う

我が家って最高!

春から大学裏にアパートを借りて自宅を離れた
つぎおの台詞です。

月に一度の頻度で帰ってくるのだけど、
昨日は母校の高校の文化祭にいったついでにと
夜遅く帰ってきた。

たけおが空気を読まない(読めないではない)性格だとしたら
つぎおは適当に 空気を読む性格

ごはん食べて のんびり テレビ見ながら叫ぶ。

「我が家って最高!」

わざと 喜ばせるために言ってくれてると わかってはいても
それだって 母は 嬉しいよ。

前回帰ったときは
たけおと 膠着していて
とばっちりで わたしの愚痴を聞かされた

昔 あんなに めちゃめちゃ 心配かけていたつぎおが
いまは 私の愚痴聞いて

「こどもだなぁ。まあ、でも あいつも馬鹿じゃないよ!」

と 私を慰める。



人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
某ブログで、予備校費用で盛り上がっていましたが
我が家、ただいま三人大学(院)生。
この10年の間に 子ども三人でなんと8回の受験。
来年長男が卒業すれば、下二人の卒業まであと2年。
...( - -)遠い目
















オノマトペと目玉

松居直先生が 幼少の頃
ピチピチ チャプチャプ ランランラン に
布団の上で 思わず 踊られた という
エピソードに 感動したわけですが

オノマトペ って 偉大だな
と やはり 思います。

あべちゃんが 乳幼児におすすめする本で
この絵本を 推奨するわけなんですが

はら も なっとく!


むにゃむにゃ きゃっきゃっむにゃむにゃ きゃっきゃっ
(2009/10)
柳原 良平

商品詳細を見る


おのまとぺに 加えて
この 目玉が いい!!

赤ちゃんって 目を見て
話すんですよね。
まっすぐに。
声なき声で。

赤ちゃんが 目をあわせない ようだったら 
それは もう拒絶。
って いう 言語。

まっすぐに 射抜くように
こちらを 見てくる 赤ちゃんだから
人は 愛くるしさを思い
保護を 思い
そういう めろめろにする能力をもって
無抵抗で 無力である 自分の生命を
守っている 本能的な 力が 目。

それにしても 考えたことがなかったけれど
白丸のなかに 黒丸で
もう 「目」を 連想するというのは
なんなんでしょうね。


medamasakana.jpg

medamamusi.jpg

ことバンク《目玉模様》チョウなどの昆虫やチョウチョウウオなどの魚に見られる同心円状の模もそれを眼として認識しているらしく、間違って攻撃したりする。したがって、目玉模様には、敵の注意をそらして大事な部分を守るという効果があると考えられる

目は口ほどにものを言う
というけれど、
この本も 語ってくれてます。

表現が説明でない分だけ
子どもの素の 感性の部分に
語りかけるものは多いはず




と、いろいろ 余計に語ってみる


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)






ほめや

絵本を読んでくれる人を
読み屋さんというならば

じぶんにとって
気持ちよく誉めてくれるひとは
誉め屋さん。
みなさんにとっての
誉め屋さんって いませんか?

ひとって 「すごいね」とか「いいね」とか
何でもかんでも ほめてもらって
嬉しいわけじゃ  ないじゃないですか

フェイスブックのように
「いいね!」の
数では決められない

ここ というところを いい~感じで
きもちよ~く 誉めてくれるひと。


思い出してもね わたし そんな友人がいたんですよ!
いまでも ずっと つきあってきた 友人。

いえ、ほめてくれるから
つきあってこれた わけではなく、
自分自身が 尊敬できるから
付き合ってきたわけなんですけどね。

で、このおはなしは
おともだちではなく
誉め上手な 先生のお話。


てんてん
(2004/01)
ピーター レイノルズ

商品詳細を見る


すごく頑張ったことを誉められるのは
そりゃあ嬉しいけれど

自分が苦もなくやっていることを
畏敬を込めて 誉められたときが

実は一番嬉しいかもしれない


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)



うちのママん

約一年前頃、こんなことを書いていました。

アーカイブ「追記書くことが好き」



私は自分で「親からの自立」を感じたのは とっても遅いんです。

実家を離れて

30になる前に子どもが三人生まれて

ほんとに 子育てのたいへんな頃なんですね。



長男の就活問題で今度は自立を促す
いや 見守る立場にたったわけですが。

いや、またこれが 大変で。

わたし、比較的、
口うるさくないほう
干渉しないほう
理解があるほう

だと思ってきたんですね。

実際、これまではそういう親でいれたというわけで。

これが、明らかに
自分の価値観と対立したときは
そんな 余裕もぶっとぶということに
苦悩しました。

あくまでも 息子の問題ではなく
自分の問題。

悩みは 子どもではなく自分。

ことばで伝えられないもどかしさに
地団駄踏む思いというより
実際に 体のあちこちで
私は納得できない!!
ということを 息子に伝えたのだけど

そんな行為を息子はこういいます。

「そういう言語をつかう人なんだね」

まあ 息子曰く 暴力とか泣き落としとかも
ことばで表現できなくなったときに
相手を封じ込めるために使う 言語

地団駄ふむことも暴力。

そうまでして わたしは
息子に対して 圧をかけました。

そんな自分に反吐が出たのですよ!

あったかい母でありたいのに
そうでいられない
そうはさせてくれない 息子に
ため息が出るのですよ

そんな葛藤もありましたが

終わってみれば
あっけないくらいに
そこに わだかまりもなく
記憶すら曖昧で

息子の記憶に 何が焼き付けれたかはともかく

わたしは 呆(ほう)けたようになりました。

産みの儀式に似てますね。



その点、いまさらながら
うちの母は ぞんざいで偉大だったな
と・・思います。

そこに恨みつらみをもったときもありましたが、

実にわたしの進路に関してクールだった。
クールと言う言葉は 母のイメージからして
まったく そぐわないのだけど
母は 少なくとも 私からみた 母は
子どもの活躍・成功・自慢 そういったものに
重きをおかない

活躍して欲しいとか
成功して欲しいとか
自慢したいとか

そんな願いがとても希薄だと
いま振り返っても思う。

その 欲の無さに辟易したし
少しくらい 頑張ったところで
それが たいして 母を喜ばせない
という虚しさもありましたが。


けれど 息子のことで相談しても
私の心配こそすれ
孫の心配などせず、

こんどは 娘が大学院までいって
ヨガのインストラクターになりたいといえば
(心から)「それもいいんじゃない」と納得する
昔から変わらない 間の抜けた気楽さは 偉大だな

と いまさら つくづく 思います。



ま、そんな風にはなりたくないとは
つねづね 思っていますが・・


┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~




ずっと元気だった母がひざを痛めて歩けなくなりました。
うちの息子がこの夏に久しぶりに帰省するのを楽しみに
頑張って治すと言ってますが。
banner (6)
ころんを押すと笑顔がはじけます

ブックトーク

月曜日あべちゃんとブックトークをした。
といっても、あべちゃんの熱の入った
絵本語りを聞くのが主だ。

もともとは 絵本講師養成講座で
自分が推奨する絵本のレポートを提出することになっていて
その 相談をしたのがはじまりだ


くいねこのたまご (小学館こども文庫―おはなしプレゼント)くいねこのたまご (小学館こども文庫―おはなしプレゼント)
(1987/06)
さとう わきこ

商品詳細を見る


あべちゃんの蔵書は
小学館から出されたこの絵本が315円の時代のもの。
(今は735円)
小学館のロゴも ノスタルジック。

この本が面白い!面白い!というから
よんでもらった。

あらやだ・・

ちょっと 童心に返った気分。

くいねこの 腹黒さがたまらない。
腹黒いのに 許される。

きっと この絵がいいのね。
この目が いいんだわ。



おこだでませんようにおこだでませんように
(2008/06)
くすのき しげのり

商品詳細を見る


「おこだでませんように」は
最近 あちらこちらで 推奨されてて
一度読んでみたかった絵本。

ばっちり あべちゃんちの蔵書にあり。
うーーん。きゅんとくるね。
たしかにくる。

ちなみに この絵本 お借りして、
私の教室で

ちょっと 集中力が欠いたとき
いい子に お勉強したご褒美に
あるいは 突拍子もなく

まあ、とにかく
この一週間 いくつかのクラスで 読んでみた。

こどもたち なんだか
みーんな しおらしくなっちゃって、
照れたように 静かにお勉強始める。

感想はきかない。


じがかけなかったライオンのおうさまじがかけなかったライオンのおうさま
(2007/10)
マルティン バルトシャイト

商品詳細を見る


「じがかけなかったライオン」のおはなしも あべちゃんが
すごくいいの!!といって
あらすじ解説してくれたのが
やっぱり それが すごくよくって
うちで ふうこ(21歳娘)に読んでみたけど
ふうこには からすべり。

だって ふうこは しけんの真っ最中で
その ストレスで
「もう しけんやめて ヨガのインストラクターになりたい」
とか 言い出して 親を驚かせるほど
ストレスが たまりまくりなのだ。

でもね
あべちゃんが あんなにいい本だというんだから
なんか じわーっと 効いてくると思うの。
漢方薬のようにね。

目には見えないところで
ずーーっと おくのほうで。

「さあ はじめましょう」

のことばで なにかが きっと動き出す。

そんな気がする。







以下の絵本は予告。

人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
ゆっくり ブックトークは続きます。






むにゃむにゃ きゃっきゃっむにゃむにゃ きゃっきゃっ
(2009/10)
柳原 良平

商品詳細を見る



とりかえっこ (絵本のせかい 21)とりかえっこ (絵本のせかい 21)
(1978/06)
さとう わきこ

商品詳細を見る





しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)
(1972/10/15)
わかやま けん

商品詳細を見る




ぼちぼちいこかぼちぼちいこか
(1980/07)
マイク・セイラー

商品詳細を見る





EVERYBODY NEEDS A ROCK (An Aladdin Book)EVERYBODY NEEDS A ROCK (An Aladdin Book)
(1985/09/01)
Byrd Baylor

商品詳細を見る



満月をまって満月をまって
(2000/09/25)
メアリー・リン レイ

商品詳細を見る





てんてん
(2004/01)
ピーター レイノルズ

商品詳細を見る




人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)

アンドロイドなたけお(17)

たけおの就活終わりました。

たけおの たけおらしいやり方で
とっていただける奇特な会社に出会えました。

まあ、たけおらしいやり方って言ってもね・・・



まず 求める社員像に

グローバルに活動できる人材
リーダーシップを発揮できる人材

これらを求められない会社。



って。。どんな会社やねん!!

ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

まあ、これは言い過ぎですが、
確かに、少なくとも
採用情報の 謳い文句には
グローバル リーダーシップ の文字は
踊ってないわ

o( ̄ー ̄;)ゞううむ



面接でも ずーーっと

「変わってるね」

と言われ続けたらしい。


友達いる?とか

人のこと馬鹿にしてない?とか

そんな質問もあったらしい。


そんなとき たけおがどう答えたと思う?


友だちと知人の定義を解説して
友だちは 「いる」と帰着したらしい。


人を馬鹿にしてるかどうか
という件については
場合わけして
「馬鹿にしてる」と
帰着したらしい

アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー


で、それでも とってくれたから
たけお 大喜び

、( ̄▽ ̄)V いえーい!





母的に思うところは
多々ありますが
もう ほんとうに いまさら
母の思いなどというのは
無駄なものだと

いい加減気づけよ!

という 自分なりの反省もあり
なかなか ブログで
ご報告も出来ませんでした。


影ながら 応援、ご心配してくださった方もおいでかと思います。
無事内定いただきました。
どうも 有難うございます。






まあ・・つまりは
たけおの納得できる会社に
決まったのだから
これ 幸い。

その間 いろいろありましたが
終わってみると
相変わらずたけおは さらっとしたもので

そこに
反省や
わだかまりや
感慨もなく

ログを残さず
バグを調整した程度の履歴

それでも ずいぶん
アンドロイドなたけおも
進化したのだと信じたい

ここから いよいよ
人間のつくった社会で
働き 糧を得、
そして できれば
信頼を分かつ人と 出会ってほしいと

せつに願います。


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
春からは社員寮に入ります








最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。