スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ボールペン 1本で

「プロフィール」個人塾講師としてはこちら

最初の11人はボランティアでスタートした。
当時、陰山英男先生の100マス計算が流行ってた頃で、
ストップウォッチを片手に何度も何度もやらせた。
遊び感覚でやるので子どもたちは面白がったし、
単純計算というのは速効性があるので、
目に見えて記録が伸びる。戦う相手は自分。
過去の自分の記録を塗り替えること。
わかりやすい内容とボランティアの気安さで、
生徒は半年を待たず20名を超えた。
で、傍ら、こういう市民活動としての、
教育ボランティアグループの組織が作れないものか、
あるいは、区や市の指導や助成や協賛が生まれないものか
面談をお願いしたりした。
「何がやりたい」という明確な意思と
具体的な手段がないと絵虚言に終わる。
私は照準を「漢検」においた。

市民学習活動としての「漢検」。
学校という施設を借りて、学校と協力し、
あるいは区の広報で広く告知し、
地域をあげての脱ゆとり。教育意識改革。
経済格差は教育格差。
公的教育の質を落とすことは国力を弱めること。
広く普く(あまねく)教育環境を提言したい。
学校だけにお任せするのではなく、市民の自助努力で!

などの文言を散りばめて、面談等挑んだが…うーん。足りなかったのは、きっとあれだな。(つづく)


<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」
(2002/12/14)
陰山 英男

商品詳細を見る
    ↑面白がって1日50ページやる子もいました。


陰山英男の徹底反復シリーズ  徹底反復「漢字プリント」<小学校全学年>陰山英男の徹底反復シリーズ 徹底反復「漢字プリント」<小学校全学年>
(2002/09/14)
陰山 英男

商品詳細を見る
    ↑夢は100人漢検


    ↓こちらは一日1回しか押せません。夢は100人

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

もりちゃんからのメール

はらちゃん、あべちゃん。
母の体調が悪く、
パタパタしています。
いつも頼っていたから、
忙しく感じます。
メールがなかなか出せずにいます。

はらちゃん、
ありがとう!
毎日見るのが楽しみです。
絵本を読んでいるとき、
私の中で起きていることが、
はらちゃんの目を通じて、
はらちゃんのことばで、
表現されていくこと。
不思議な気持ちで、読んでいます。
そして、
はらちゃん独特の表現力から生まれる言葉が、
私におおきな花マルを、くれます。
読むことは、
私にとって、
自分を表現すること、
なのかもしれません。

昨日ステキな音楽と絵本に、出会いました。
しあわせいっぱいです。
あべちゃん、はらちゃん。
今度聴いてね。

絵本に出会い、心震える時、
その素晴らしさを、
伝えたくてたまらなくなる。
音楽と共に。

         もり




もりちゃーん 

〃 ̄∇)ゞアリガトォーーーーーーーーーーーーーーー♪



でも、こんなコメントいただいちゃって,

まるで私たちって「美しすぎるボランティア」みたい



ずっこけ三人組だけど・・

「か~ぼ~ちゃ」の出し物 いつもばらばらだけど・・

あべちゃんなんか そのことにすら 気づいてないけど・・


楽しくやっていこうね~

♪♪(〃 ̄∀ ̄)八(  ̄∀ ̄ )八( ̄∀ ̄〃)♪♪



No, David! (Caldecott Honor Book)No, David! (Caldecott Honor Book)
(1998/09)
David Shannon

商品詳細を見る
もりちゃん 
コンサートリーディングの1冊
お母さんがほっと優しくなれる絵本
  「だめよ!ディビッド」



人気ブログランキングへ




「プロフィール」個人塾講師として

私は自宅で小中学生対象の学習塾をやってます。
このスタートもボランティアがきっかけでした。
2000年当時、指導要領の大削減で「ゆとり」が始まった頃です。
私自身の長子はそのとき中学受験を控えた六年生。
受験に向けた莫大な課題と、公立小の指導内容の乖離に、
プスプスといぶされるように、教育者魂に火種がついた頃でした。
息子を含めた中学受験生が植木、鶴亀、四字熟語、
中学三年生レベルの日本史を学ぶ一方、
公立は「ゆとり」へ。
台形面積公式削減は、奮い立たたせましたね

―いま思えば、滑稽なくらいに、たった一人で戦っていました。
中学校の保護者会で、小学校長との面談で、
市のボランティア要請講座で、
教育委員会、区の生涯学習課。
思いつくいろいろな方面で面談を求めていましたが、
さながら、風車に戦いを挑むドンキホーテ。
まったく虚しいばかりでした。

その一方で、息子の中学受験に熱くなりすぎないよう、
エネルギーを配分してコントロールして…と
冷めた気持ちも持ち合わせ、当時を振り返ると、
いろんなバラバラに集められたピースが、
いびつな断片を探り当て、
ピタッとはまるような小気味良さで、
私の教室はスタートしたのでした。

「赤ボールペン1本で」につづく


ドン・キホーテ―少年少女世界名作の森〈9〉ドン・キホーテ―少年少女世界名作の森〈9〉
(1990/04/20)
ミゲール・デ・セルバンテス

商品詳細を見る
いまはひとりじゃない


人気ブログランキングへ

あらためまして こんにちは

『えほんの森 ことばの泉 伽屋茶房』公式サイト ウェブデビューに合わせて、
大急ぎで立ち上げたブログでしたが、ようやく体裁も整ってまいりました。

あらためまして、みなさまこんにちは。「さぼ」メンバー書き屋のはらです。
「さぼ」とは『えほんの森 ことばの泉 伽屋茶房』の略称、サークル名のことです。
さぼのメンバーは三人。読み屋があべちゃんともりちゃん。書き屋がわたくしはらです。
(はらちゃんと呼んでいただくと小躍りして喜びます。)
さて、この読み屋・書き屋は単純に嗜好の問題で、読むのが好きな人と書くのが好きな人。
うまい具合に役割分担して、読み屋はイベントにて読み担当、
私書き屋は 広報にて後方支援を行っている次第。

実を言うと、絵本の読み聞かせグループでありながら、私は1冊の絵本の蔵書もありません。
子どもが小さいころはそれなりに、本棚いっぱいにはありましたが、
末子が小学校への入学を機会にすべて姪っ子に宅配。
このところ主に読むのはミステリーを乱読。
ブックオフで10冊単位で買っては、
一週間で読みきるという体に悪い習慣なので、最近では自粛してます。

絵本に傾倒するわけでもないのに、こうしてさぼの活動を楽しんでいるのは、
ひとえに読み屋さんたちの生態観察であります。
一見絵本をうはうは、へらへらと楽しんでいるようにみえますが、
実は、実直に「絵本は人を救う」と信念をおもちです。

こどもには夢を。
母には癒しを。
人生の先輩方には希望を。

こよなく人を愛し、夢は気高く・・

それでいて、やっていることは
やはり うはうは 絵本を楽しんでいるだけという平和さが「さぼのつぼ」です。

そんな活動のひとこまを紹介していけたら、これ幸いでございます。

どうぞ、またお立ち寄りくださいませ。




 帰り際に どうぞ ぽちっと
 
  さぼのつぼ をおしてみて
     ↓


人気ブログランキングへ

読み聞かせるのか?(5)

あべちゃんは、「心を言葉に乗せて」という。

けれど、ことばは言の葉に乗せられて、くちびるを発したときすでに、もうことばそのものが魂をもっている。
そこには、もう読み屋の思いも、書き屋の思いも関係ない。

知らず人を傷つけることもあれば、あるいはその発した本人に刃をむけることもある。
あるいは誰の心にも届かず行き場を失い、さまよい累々とたまって死んでいくことばもある。

「ことばの力」―「言霊」はそういうものだと、私は思っている。
ゆえに、私は「ことば」に畏れを抱き、敬い、尊ぶ。


でも、だからこそ、ことばに命を息吹く瞬間、精一杯の「心をのせる」かもしれない。
絵本を吟味し、感じ、できるだけその受け取ったものを忠実に、伝えられるように。
夢を与えられますように。癒しとなりますように。

それは「祈り」でしょうか?


***************

「あべちゃんからのメール」より)


大切に 大切に

手渡すように

伝えたい「絵本」だからこそ

やはり 自分の手元で

花を 育てるように、

土を耕し 肥料や水も

欠かさない。


読み屋は

ただ その一冊を

何度も 何度も 繰り返し


大切に 大切に

絵も 文字も 読み込んで


そうして ようやく

こどもたちの前で 胸をはり、

読み語ることが できるのです。

        
             あべ


****************

思いをのせて、読みきって、あとはおまかせ 

「とっぴんぱらりのぷう」

って、わけですなあ・・。


「読み聞かせるのか?」・・残念ながら、私の中で、答えはまだ出ません。

さぼは 始まったばかり。

答えを出すのは まだまだですね。




○前回 オノマトペをご存知ですか?



おおきくおおきくおおきくなあれ (ひろがるせかい) (まついのりこ・かみしばいひろがるせかい)おおきくおおきくおおきくなあれ (ひろがるせかい) (まついのりこ・かみしばいひろがるせかい)
(1983/04/01)
まつい のりこ

商品詳細を見る
あべちゃんおすすめのかみしばい


人気ブログランキングへ







オノマトペをご存知ですか?

擬音語・擬声語・擬態語・擬情語を総称して、オノマトペといいます。
たとえば、ガンガン、がみがみ、ゆらゆら、わくわく・・などですが、
日本語は他言語の5倍以上もの豊富なオノマトペを蓄えている言語といわれています。

ガンガンなどというと、何かをたたく音のように聞こえますよね。
オノマトペは多分に聴覚的です。
ドキドキなどという言葉も、心臓の音が聞こえてきそうでしょう?

ところが、これを英語で“DOKIDOKI”と発音したときに、果たして外国人が
心臓の音を連想できるか??

というと、そうではありません。

つまり、オノマトペというのは、日本人が長い年月をかけて、熟成させ、互いに共有してきた
独特の民族の言語文化といえるわけです。

日本人は昔から、心の感情の深いところや、感性にふれる部分をオノマトペで表現してきました。

まさしく、ことばにできない心をことばに替える、ツールであったわけです。




思えばさぼの出会いも、「つんぶく かんぶく」の言葉に魅せられてのことでした。

小学校の読み聞かせボランティアの帰り、職員室の前の廊下でその日の読み聞かせの記録簿を記入していました。
偶然、そこに居合わせたあべ夫人に「今日はどんなご本を読まれたんですか?」とお声をかけたのが始まりでした。
あべちゃんは、絵本袋からおもむろに絵本を取り出すと、遠慮がちに・・けれどもなめらかに語りだします。
待ってましたというほどにはずうずうしくはなく、けれど、「わたしいつでも絵本については語れますわよ」というほどには周到に。
そのただならぬ、「妖気」(妖怪じゃなくて妖精の気配ね・・笑)に、これは職員室前ではらちが明かない。と、下駄箱まで連れ込んで「どうぞ、一度そのおはなしをお聞かせください!!」と哀願すると、あべちゃんは 一瞬もひるむことなく、「ももたろう」を語ります。そして、語りながらも解説と感想も忘れません。

「この絵本のももはね、『どんぶらこどんぶらこ』じゃなくて、『つんぶく かんぶく』流れるのよ・・この言葉がたまらないの。この絵もね・・以下略」

私は「つんぶく かんぶく」の言葉もだけど、その言葉にそこまで魅せられるあべちゃんに魅せられましたね。
「つんぶく かんぶく」に感じる周波数。
私の感性のふれ幅を超えた、あべちゃんの感性というものが、とても魅力的でした。

オノマトペでしか 表現できない気持ち
日本人にしか 感じることのできない語感
ことばに魂をのせるという 日本古来の言霊の思想

オノマトペでつながった さぼ

うーーーん このあたりを紐解いていきたいなあ・・と考えます・

あっ!この下駄箱のとき、もちろんもりちゃんもいました。

何をしていたかって?

その話は 「オノマトペでつながる(1)」で・・。



ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)
(1965/02/20)
まつい ただし

商品詳細を見る
この絵本がきっかけで



ビビビビビビビビビビ
(1994/06)
五味 太郎

商品詳細を見る
びびびびび ときました




人気ブログランキングへ



読み聞かせるのか?(4)

そっかあ・・そういうことか

きっとね・・。

あべちゃんも もりちゃんも
あふれる感性を
ことばにならない心を
抱えている人たちなんだ・・


ことばだけでは
伝えきれない感性を。

それでも、誰かに伝えたくて…。

あふれる、ことばにならない感性を
伝えあぐねて こぼれあふれて
ようやく たどりついたのが
絵本だったんだ




読み屋の心は
絵本のことばを借りて
発せられ
そして濾過されて
混じり気のない 
真っ直ぐな
気持ちだけがほとばしる。



あべちゃんが いつも言っている

「心を言葉にのせて・・」って そういうこと?

ミーティングは終わらない・・・読み聞かせるのか(5)につづく


どんな小さなものでもみつめていると宇宙につながっている―詩人まど・みちお100歳の言葉どんな小さなものでもみつめていると宇宙につながっている―詩人まど・みちお100歳の言葉
(2010/12)
まど みちお

商品詳細を見る



人気ブログランキングへ

読み聞かせるのか?(3)

ミーティングは続きます。

この日、もりちゃんは

「絵本ってほんとにいいよね」の決め台詞を

たった2回しか言わなかったのには

わけがあります。

本人は気づいてないと 思いますが

彼女は 喜びのテンションが

リミッターを振り切ると

もう、「はれはれ」とか・・「うひょうひょ」とか

擬態語で話し始めます。

「ことばにできない」

とは このこと。

この日の さぼミーティングも

読み屋の 二人は 絵本話で盛り上がり

「絵本ってほんとにいいよね」

くらいのことばでは もう もりちゃんの気持ちが

追いつかなかった 模様。


「もう・・わたしたち・・はれはれのうひょひょよね・・」(もり)


そのうち、あべちゃんまで

「ガヤガヤとーく」とか言い出すし・・・


(正確には

「ミーティングはね ガヤガヤでいいのよ。

ガクガク がんがん 

もうねえ なんでもいいのっ!」と・・・・)



あっ、そっかぁ・・・・

つまり、そういうことかぁ...読み聞かせるのか?(4)につづく

オノマトペがあるから日本語は楽しい―擬音語・擬態語の豊かな世界 (平凡社新書)オノマトペがあるから日本語は楽しい―擬音語・擬態語の豊かな世界 (平凡社新書)
(2009/07)
小野 正弘

商品詳細を見る

オノマトペ?



人気ブログランキングへ

あべちゃんからのメール

たったいま、あべちゃんからの業務連絡のメールが来た。

ある事業所に提出する原稿の草案なのだけどね。

「読み聞かせに必要な【蔵書としての】絵本」のハナシ。




****************


絵本は 表紙から裏表紙まで

すべて含めて 一冊の作品です。

絵は語り、

文字と文字の

字間 行間にすら

メッセージがあります。


読み屋は、絵本の文字を
 
機械的に 読みすすめるのではなく、

その 一冊の絵本のメッセージを

深く 細かく

感じてとって 読みたいと思う。


絵本は確かに、

図書館からも 借りることはできるけれど

ほしい時に なかったり

返却期限に しばられたり。


大切に 大切に

手渡すように

伝えたい「絵本」だからこそ

やはり 自分の手元で

花を 育てるように、

土を耕し 肥料や水も

欠かさない。


読み屋は

ただ その一冊を

何度も 何度も 繰り返し


大切に 大切に

絵も 文字も 読み込んで


そうして ようやく

こどもたちの前で 胸をはり、

読み語ることが できるのです。


            あべ



*****************
  あべちゃん おすすめの絵本

さるのひとりごと (ぼくとわたしのみんわ絵本)さるのひとりごと (ぼくとわたしのみんわ絵本)
(2000/06)
松谷 みよ子

商品詳細を見る
  山のさるがはじめて海を見て 

  海は ええなあ
  かぜは ぶうぶう ふくなり
  なみは どんどと うつなり
  さかなは ぴらぴら およぐなり
  海は ええなあ



人気ブログランキングへ

読み聞かせるのか?(2)

ミーティングの続きです。

もりちゃんの
「絵本って本当にいいよね」
発言は 会話のあちらこちらに ちりばめられて

それまでの話題のすべてを
一瞬にして なし崩し的に
幸せオーラで包んでしまい
相手の戦意を 消失させるという

『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』の
の武器として 配信してはどうだろうかと いうほどの

必勝アイテムなのだけれども・・・


もりちゃんには

もうひとつ 武器がある。

「図書館に住みたい」



これは、確実に相手の意表をつくね。

あの、あべちゃんですら、

「え?」

と、一瞬、茫然とさせてたくらいだから

相当、相手に与える 威力はあるね。




いいよ。。もりちゃん。


「えほんのもり」


この ブログタイトルの 冠は

もりちゃんのために 捧げるよ










前回のクイズ もりちゃんはミーティングの最中「絵本って本当に良いよね」って 何回 つぶやいたか?

【答え】 2回(少なかったから・・驚いた。その代わり・・うはうは、ひゅんひゅんとか つぶやいた)

この解説については 次回 「読み聞かせるのか?(3)」

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3Dドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D
(2012/05/31)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る
もりは人を幸せにして骨抜きにする
呪文をつかった
HPが100回復した



人気ブログランキングへ

好きな言葉

あべちゃんやもりちゃんが絵本が大好きなように
私にも大好物があります

きれいな言葉

音感が良かったり
語呂が良かったり
神秘的だったり
楽しかったり

そこは感性のおもむくままですので
説明できるものでは ありませんが、
何しろ 好きなことばがあるのです。

聞くだけで わくわく するような・・

そのひとつが

「ことほぐ」でした。

そう・・さきほどの、新年のご挨拶でちゃっかり使ってますよ!


さぼでもないと、こんな言葉・・一生使えないかも

そんな 言葉をいっぱいちりばめて、

これからも、「さぼカード」作っていけたらなあ。。。と

考えています。



私のすきな言葉「ことほぐ」を紹介しちゃいますね

寿ぐ」または「言祝ぐ」は「ことほぐ」と読み、祝福を意味する言葉。
ただ祝うだけではなく、「ことばで」祝うときに使う言葉です。

【寿】(ことぶき) (1)言葉で祝うこと。また、その言葉。ことほぎ


ことぶきからきているのですね。

【言葉で】祝う・・というのが

なんとも さぼらしくて・・やはり 二重丸。


こうして「言霊」のお話に につながっていくのです。

声に出して読みたい日本語声に出して読みたい日本語
(2001/09/12)
斎藤 孝

商品詳細を見る






アーカイブ 新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
「伽屋茶房さぼ@」誕生以来、初めて迎えるお正月です。
昨年9月。小学校の下駄箱でうまれたサークル「さぼ@」
産声も高らかに、暮れには「グループホーム」のおじいちゃま、おばあちゃま、職員の皆様総勢15名を招いてのファーストミーティングが行われました。われわれは、「上手いとか下手とか」、「良いとか悪いとか」、「成功とか失敗とか」、およそ、そういった「価値」やら「意義」やらといったものからは、かなりはずれたところにいるようです。生まれ落ちた「いのち」を謳歌するかのごとく、『さぼ@』はただいま、深く呼吸をし、のびやかに肢体をのばしております。われわれ読み屋は、いったい、どこに向かおうとしているのか?未知への予感にわくわくするような年の初め。
気持ちも新たに、初春のことほぎを。
    「笑う門には福来る」
みなみなさまが笑顔の一年となりますように
                                   はら


たかこ (絵本・こどものひろば)たかこ (絵本・こどものひろば)
(2011/05/01)
清水 真裕

商品詳細を見る

     保育士懇親会での1冊

読み聞かせるのか?

今日のさぼミーティングで話題になったのが、
「読み聞かせ」って【さぼ】らしくないね・・という話。
いえね・・つまり。
さぼの読み屋は、ただ自分が、好きでよんでるものを
読み【聞かせ】るではおこがましい

【聞かせ】ではなくて・・・

うーん・・・・



読み【語り】かな?



と、あべちゃん。


あべちゃん曰くね、

私はただ・・絵本が好きで好きで読んでるだけで、
それを聞かせる・・だなんてとんでもない

「私は勝手に読んでますから
どうぞお暇だったら お聞きになってください」

    くらいのつもりだというんですね。
もう、

「聞いてくれて有難う!!!」

    くらいの気持ちらしい・・・。


きっと、もりちゃんもおんなじだな。。

もりちゃんに会ったら、一日に最低3回は

「絵本って本当にいいよね」って

ウルウルした目でいう。

本当に読むのが好きらしい。


私は「読む」ことより、「書く」ことのほうが好きだから、

こうして書いてる。




これでいきたいな。さぼは さぼらしく。

「よみかたり」




クイズ.今日のミーティングの最中、
  
    もりちゃんは「絵本ってほんといいよね。」って何回言ったと思う?
  
                  答えは次回


I Like Me! (Viking Kestrel picture books)I Like Me! (Viking Kestrel picture books)
(1988/08/01)
Nancy Carlson

商品詳細を見る



人気ブログランキングへ

アーカイブ 保育士さんたちとの懇親読み聞かせ会より

 去る2月1日(水)、あべちゃんの保育士時代からのお友だちをご招待しての読み聞かせ会でした。

 「さぼの生まれた日」に続いて、次のご挨拶文を読ませていだだきました。
 
 絵本の紡ぐ 愛や夢はことばにのり
 そしてことばは 音となりあるいは無音となり
 そのくちびるを 発せられた瞬間より
 自ら意思を持つ魂のごとく 
 人々の心 奥深くを震わせます。

 万葉の昔、古人(いにしえびと)は高らかに歌い上げます。

  神代より 言ひ伝て来らく
  そらみつ 大和の国は
  皇神の 厳しき国
  言霊の 幸はふ国と
  語り継ぎ 言ひ継がひけり


 神々のおはします昔からの言い伝えで 、日本という国は 神が威厳をもって守る国。言霊(ことばのもつ魂)が幸いをもたらす国と 語り継ぎ言い継いできた。

 時代は平成となりました。混沌とした世の中にあって、何が真実で何が間違っているのか、伝える言葉もためらいがちです。こういう時代ですから、いまこそ私たちは絵本を語ろうと思います。
ことばの力を信じて、幸せな未来を夢みて。

 今日は皆さまが、ほっと息をつけるような優しい絵本、深く人生を感じるしみじみとした絵本を集めてみました。コンサート・リーディングという手法で、音楽とともに楽しんで頂けるプログラムも用意いたしております。また英語の絵本は、理解するよりは、音そのものが持つ、語感・リズムをお楽しみください。
 それではみなさまご準備はよろしいでしょうか。さぼメンバー一同、心を合わせて、みなさまを絵本の世界にご案内させていただきます。


○紙芝居 注文の多い料理店
○タンタンの赤いハンカチ
○わたしゃほんとにうんがいい
○Me
○へい おいらは ジョー
○ハルばあちゃんの手


ハルばあちゃんの手 (日本傑作絵本シリーズ)ハルばあちゃんの手 (日本傑作絵本シリーズ)
(2005/06/30)
山中 恒

商品詳細を見る



人気ブログランキングへ

さぼの生まれた日

 小学校の読み聞かせボランティア。帰り道の下駄箱。わたしたちは出会いました。あべちゃんはその日子供たちに読んだ「ももたろう」の絵本を読んでくれました。あべちゃんの読む「ももたろう」のももは「どんぶらこ どんぶらこ」ではなく、「つんぶく かんぶく」と流れました。それがとっても楽しくって、わたしたち三人はもっともっと絵本の話をしたいと思いました。こうして、わたしたち読み屋のサークルは生まれました。
 絵本の中のももたろうは おじいさん、おばあさんに「ももたろうや。ももたろうや」と可愛がられます。
『名まえを呼ぶことは愛されること』
大切な名前だから、一生懸命考えて、このサークルの名前を「伽屋茶房」と決め、愛情を込めて、「さぼ」とよぶことにしました。




ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)
(1965/02/20)
まつい ただし

商品詳細を見る

この絵本のおかげでさぼは生まれました


人気ブログランキングへ

祝!伽屋茶房さぼwebにて 誕生

みなさま はじめまして。
読み聞かせ屋 伽屋茶房 さぼ です。

本日 webにて 誕生。

つんぶく かんぶく やってきて、
こうしてようやくみなさまにお会いできました。
みなさまにご愛顧いただけますよう
楽しい絵本と読み聞かせの話題をていきょうしてまいりたいと思います。


人気ブログランキングへ
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。