スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺の娘の名前(3)

友人宅の有形文化財のニュースもそうだがが、このところ嬉しいことが多い。
十三回忌が一つの節目であったのか、気持ちが空くような思いである。
こういうとき、私たち夫婦では
「順序がつく」という表現をしてきた。

物の道理がかなって、事態、感情の整理がついた状態のこと。仏法にかなっている。という意味合いで使ってきたのだけど、いま調べてみたところ、ことバンクには、載ってないことを知った。

これは、どこからか聞いてきた夫が最初に用い、その語呂合いが私も気に入り、夫婦で使ってきた、造語なのだと知る。
では、他のことばで表そうとしても、このことば以上にしっくりこない。

この「順序」というのは
神仏法、つまり、人智を超えたところでの絶対、みことのり。というようなニュアンスなのである。

例えば、養老孟司が「馬鹿の壁」で語った、日差しを浴びるための木の葉の配列の絶対。完全の美。
それは、化学や数学といったものを計算されつくされた結果生ずる、機能美であるはずなのに、それを計算出来るコンピュータがすでにあの透けるようなひとひらの葉に内蔵されていることの畏怖。

そう言えば、わたしは今年の春に50歳になった。

五十而知天命

25歳で結婚し、子をなし、
その子が25歳となる今年、銀婚式を迎えた。
25年の節目という気持ちが大変強い。
五十歳。天命を知ったというには、おこがましいが、この、順序がついたという心境がもしそれならば、まさしく、五十にして知命。

25年が一つの区切りならば、いま新しく始まったばかり。しかも次の節目がやはり25年後ならば、あせることは何もない。

順序がつくのはこの先、25年後と思えば、
いまは、生まれたの赤子が
小さな握りこぶしを 日の光に透かすようなものだ。


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
スポンサーサイト

寺の娘の名前(2)

実は私は、この寺の娘とは
幼い頃に、2、3回会った程度である。
彼女が「すごい」というのは
仲間内での情報が
わたしの中で 偶像化されてるだけだから、
じゃあ、何がすごいのかは、わからない。

でも、仲間みんながすごいといって
かの菩薩のなんぶうですら
たじたじになるんだから、
やはりそりゃあすごそうだ。

そもそも、孔子にしたって
キリストにしたって
そもそも仏陀にしたって、

本人自らが自分のことばで
何か書物なり、経典なりを
したためたわけではなかろう。

孔子には荘子や老子が
キリストにはパウロやヨハネが
仏陀においても
その死後に、弟子たちで経典をまとめたものである。

つまり、何が言いたいのかというと、
いまは、「なんかすごい」くらいの
イメージ戦略で十分。

「なんかわからないけど、すごそう」

亜希ちゃんには その スケールのでかさを
大切にして欲しい と 切に願う。

寺の娘の寺子屋。

学びの原点回帰を期待してやまない。

それでも、ぜひ、世界を見てきてほしい。
日本の小ささをみて
日本の偉大さを感じてほしい


そういえば、先週末の実家でこんなニュースが飛び込んだ

長崎市の料亭春海が国の有形文化財に答申されたというニュース。
http://www.pref.nagasaki.jp/press-contents/170138/

この春海の末娘と私は大学のゼミが同じで
しかも、たった2人のゼミ生。

ゼミの忘年会をこの料亭でお願いしたり
何かと遊びに行ったりと、
実にぜいたくな午後の茶会を楽しませていただいた。
つねづね、素晴らしいなあとはおもっていたけれど
文化財に指定されるとは。

と、こんなふうに
スケールがでかすぎると
そばにいても、
いや、そばにあったからこそ
気づかないという話。



3年ほど前、忘年会も佳境の師走の土曜日に
夫と二人、この、貴賓室を使わせていただいた。
仲居さんのお話でもなかなか、この部屋は取れないとのこと。
と、いまさら、たじろぐ。





人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)

寺の娘の名前

話は西の果ての長崎より 突然移るが
こちら
ブリックスクエア3
丸の内ブリックスクエア。

ここで、今年の5月。
やはり望郷の景色の一部である親友 なんぶうと会った。
なんぶうの紹介は こちら(←クリック
というか、某ホテルラウンジで アフタヌーンティーを楽しんだあと、
丸の内界隈を歩いて 私の一押しスポットということで
ここに立ち寄った。

ここで 父の話や家族のはなしをひとしきり聞いてもらったあと、
また 少し歩いた。

ブリックスクエア2

いくつかの交差点を過ぎ
横断歩道を早足でわたりながら
彼女の娘の 名前の話になった。

そこにいたる会話はまったく覚えてないのだけど、
彼女の娘の名前をつけたのは
ご主人 良明和尚であること。
その名前の 由来がとても チャーミングだったことだけが
ずっと 頭に残っている。
けれど チャーミングだったことだけが
残っているので あって それ自体が
なんだったかは うろ覚えだ。
それでも、丸の内を 旧友と闊歩し
日本の真ん中で 娘の誕生の由来を語った エピソードは
きっと その娘が 大成した後には
わたしの 自慢話になるだろうから
うそ八百でも並べて 書いてみる。

ブリックスクエア

その寺の娘の名前は「亜希」という。
亜は二番目という意味を持つ。希は希望。

どれほど慈愛の心が深くとも まずは一番は自分。
自分を愛し、自分を大切にするべく生きるのは自明の理。
「そこをあえて 自分以外のもの、
二番目の人のために 希望となりなさい。」

良明和尚が娘に託した思いである。
「まずは一番は自分で当たり前」
とうのが、潔くっていいじゃないか!
いきなり
「誰かのために 尽くせよ」
なーんて 言われたら かえって嘘っぽくなる。
むしろ、二番目のもののために というところに
「自分を大切に」という 本来の親の願いが
際立つところが 圧巻だと 私は思う。

そして、自分を満たしてなお あまりある エネルギーを
つぎは 惜しみなく あまねく ひとびとのために つくせよ

実に壮大な力を感じたのだった。

そして その 娘というのが
それを 期待させるような 娘なのだ。

まあ、そのようなことを 感動しながら
次のレストランにそなえて
お腹一杯になった 腹をすかせるために 
わたしたち ふたりは足早に歩いた。


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
東京でも いま とっても熱い丸の内界隈で
その 話題が出たことの 因果はきっともっと先にわかる。




お盆ですね

8月15日お盆のこの日。
クリスマスのサンタさんなみに
忙しいこの方に
一杯のビールを捧げたい

20140815092414d6b.jpg

とはいえ、こちらの尊師よりも
奥方の方が喜びそうだが。

こちらというのは
こちら。

なむなむ

こちらの奥方とは
ふた月ほど前、
表参道を少し入ったあたりで
したたか飲んだ

結構な時間になり
帰りはタクシーをつかまえ
増上寺近くのホテルまで
乗せてもらったんだけど、
この増上寺にこそ
彼女はご用があって、今回、
上京されたわけ。

で、表参道から六本木を抜けて
増上寺はあっという間で
会話をするほどでもなかったのだけど
奥方が降り、最後の別れを惜しんだあと、
むしろ、このタクシーの運転手さんのほうが
盛り上がっていた。

なんでも、いま歴史もの
時代劇にはまってらっさるそうで
増上寺がいかに品格の高いお寺であるか

釈迦に説法


いやいや
馬の耳に念仏

がごとき語り出す。

しまいはそんな奥方と
ご友人であらせられる
あなた様もさぞ
やんごとなき御方に
あらせられましょうと
締めくくる。


お酒は入ってるし、
たいそう気分も良くなって、
どうぞ、このまま横浜まで
のせてくりゃれ


ぐらいのノリでひた走る。

ところが、いつの間にか
運転手さん(70歳)の身の上話

こいつはしまった
と思うも後のまつり。

ふんふんと話を聞き
発言小町で学んだ
一般論のアドバイスをして
最後は
ああ楽しかった!有難う!
と感謝される。


奥方と久しぶりにあったもので
善行を積みたくなったか
あるいは 新手の
シルバー商法につかまったか


まあ、そんなわけで
楽しかった夜

2014081510141175c.jpg


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)

みんな仲良し








親友のご主人(5)

いやいや 人には 笑いが肝要とはいえ

噺家 柳家甚語楼さんを招いて

 寄席 まで プロデュースされ

しかも 今年で八回目とか・・。

アルカス佐世保
観客動員約300人。

どんな 勘定上手の興行主かと
思いきや

そこは さすが
チャリティ寄席。

にくいね~ 良明和尚♪

そういえば 高校時代の友人
まり(仮名)まみ(仮名)も
毎年 お手伝いに呼ばれるって
言ってたっけ・・

打ち上げは
お寺の境内で バーベキューとか。

どんだけ アットホームなんだい
善隣寺

いや 別に
お寺の 宣伝など しているつもりは
ありませんが、

ここまで「笑い」に
こだわられ

しかも その精神は
脈々と 子にも 受け継がれ

なむなむ



人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
左端の素直そうな女の子
いまは 某国立大学院の1年生
この娘がまたすごい

















最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。