スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の十三回忌(3)

御斎も全員で壮大に盛り上がった。
和気藹々、あんなに人の笑顔のこぼれてとまらない集まりを
これまでみたことがない。
子どもも大人も大きな声で歓声をあげて笑ってたが
夫のはからいで ひとりひとり
子どもたちにおじいちゃんの思い出話をさせると
私たち娘は むせび泣くしかなかった。
子らが語る 思い出の父が あまりにも鮮明によみがえってきて
その 懐かしさに リアルな残像が
胸にせまった。

次は わたしたち姉妹に 「父の思い出を」とふられたとき
涙ではなせなくなった私をみて
たけおが すっくと立ち上がった。

母に代わってと話し始め、最後は
「私たちみんなを愛してくれたおじいちゃんなので
これからも いとこ同士仲良くしていきます」
と まとめたときには 父がすぐそばで
満面の笑顔で 微笑んだような気がした。

父は・・娘がいうのもなんだが、
どこにでもいる 小物だった。
小物というと失礼千万 親不孝な娘であるが
やはり そのへんのどこにでもいる 小物だった。

けれど その小物だったと思っていた父が
これだけの 身内をひきつけるほどに愛されていたことを
亡くなったいま しかも 12年たったいま 思い知らされた。

そして、そのことが何より 嬉しくて、
ボランティアをしたり 誰かのために祈ってたりしていた自分が
よほど小さく感じ、
もうここに集まる家族の笑顔だけで すべて満たされたような気さえして
あとは 残りの人生 もう何もなさずして 終わったとしても
本懐を遂げたような 心持ちにすらなった。

子どもたちだけで (8歳から25歳の幅はあるが) カラオケにいった。
つぎおより 年長組がちょうど半分6人いるのだが
その6人で 幼い頃流行ったアニソンでめちゃめちゃ盛り上がり
年少組みは あっけにとられるほどだったらしい。

帰ってきたふうこが 何度も何度も
「楽しかった!子どものころを思い出した!無心に遊んだ子どもの頃を思い出した」
と興奮していた。
私たち親子は たけおが小学校高学年になるまで毎年、
欠かすことなく 夏休みはびっしり数週間 里帰りしていた。
毎日毎日 いとこと遊び、父は山や川やプールへと連れていってくれた。
横浜で生まれ、育ったけれども
父のいるこの場所が わたしの子らにとっても ふるさとなのだと思った。
kounoura.jpg


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)
スポンサーサイト

父の十三回忌(2)

この父の法要はひと様にはともかく
私たち身内にとっては どんな文豪、映画監督がなす
ドラマよりも ドラマチックだった。
それくらい繊細な 心持ちに もどってしまっただけかもしれないけれど。

tera.jpg


二十一人がお寺の本堂にならぶ。
前列、母を中心に私たち姉妹が二人ずつに別れ、母を囲む。
あとは思い思いに。
子どもたちは一番上が25歳のたけおで 年少が小学3年生の愛ちゃん。
読経が始まり、住職の合図で焼香が始まる。
母から4人姉妹の流れのあとは その場の流れに任せたつもりが
夫群たちも それぞれ 長幼の流れにのる。
その後が圧巻だった。
誰の指図もなく 12人の子どもがその流れをくんで 次々に前に出る。
よどみなく。背後に何が起きているのだろうと思わせるほどに、
申し合わせもせず。月齢までも読み。
そして 最後から2番目になったとき 中学1年の若葉が愛ちゃんの手を引いて
並んだときには 思わず クールなお釈迦様も 思わず微笑むほどの温かさが 本堂に流れた。
二人並んで お行儀よく 手を合わせる。

あとで聞けば、本当は最後から2番目は 若葉と同い年の理子ちゃんだったそう。
それを 一瞬のアイコンタクトで、「愛ちゃんを連れていくから お先にどうぞ」と 
かわしたというから、なんとも出来すぎ。

法要と言うのは一族あげてのイベントだ。
とはいえ、リハーサルもなく ゆえに 成功も失敗もない。
けれど、期せずして、一族の調和をみたときに
なんとも言えぬその 達成感。
しかも その 本堂の空気と 読経と 鐘の音。
供養というのは、生きているものが 生きていることの喜びを ともに分かち合い、
先に死したものへ 感謝をささげるものかもしれない。
悼むものではなく。

人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)

父の十三回忌

先週末、三連休を利用して長崎に帰省してました。
父の十三回忌の法要で 四人姉妹にそれぞれの子どもがあわせて十二人。
母と夫で総勢二十一人の大家族が誰一人と欠けることなく、
ひしめき合って 父のお墓に手を合わせました。
kounoura.jpg
海を見下ろすこの墓地は
私たち姉妹にとっては 強烈な思い出の場所でもあります。


父はこのお墓を守るために 生きていたとも 思えるほどに一家の長であったし、
わたしたちは そんな父の 生業の中で
いま想えば 実に ぬくぬくと 少女時代を過ごさせてもらった。
久しぶりに姉妹で集まれば もうただそれだけで 嬉しくて
心が躍り、ああそういえば、昔はこんな風に 家族で暮らしていたんだったと 思い出した。
大人になるにつれ いろんな悩みを抱え込むことがふえ、
そんな悩みを 親のせいにして 言い訳して生きていた時期もあったけど
いやいやいや こんな風に家族で 顔を見合わせて 笑い合って
「あぁ、幸せ」って 確かに 思えた瞬間があった。
不思議なほど 鮮明に そのとき そう感じたことを 思い出すと同時に
一瞬で 心が そのときに もどった。

四坪はある墓地は都会では珍しいと思うけれど
この田舎ですら この集落では一番 広い墓地だった。
季節柄 舞い落ちた落ち葉は膝丈にも 積もり
それを 子どもたちは 服の汚れるのもいとわず
素手で抱えては 路地の向こうに捨てにいく。
お寺の小坊主のように無言で行をつむようでもあり
それでも ひとり またひとり と従兄弟の顔が増えれば
そこに 歓声がわき 手がとまる。
お寺さんに参る時間が近づき、
総勢21名がひしめき合って 流れ作業で線香をあげ 手を合わせた。

手を合わせても 南無阿弥陀仏 以外に 言葉が思いつかない。
嬉しくて嬉しくて。
父もきっと喜んでいる。
何より 家族を愛してくれた 父だったから。


人気ブログランキングへ(←応援ぽちよろしくお願いします)







うちのママん

約一年前頃、こんなことを書いていました。

アーカイブ「追記書くことが好き」



私は自分で「親からの自立」を感じたのは とっても遅いんです。

実家を離れて

30になる前に子どもが三人生まれて

ほんとに 子育てのたいへんな頃なんですね。



長男の就活問題で今度は自立を促す
いや 見守る立場にたったわけですが。

いや、またこれが 大変で。

わたし、比較的、
口うるさくないほう
干渉しないほう
理解があるほう

だと思ってきたんですね。

実際、これまではそういう親でいれたというわけで。

これが、明らかに
自分の価値観と対立したときは
そんな 余裕もぶっとぶということに
苦悩しました。

あくまでも 息子の問題ではなく
自分の問題。

悩みは 子どもではなく自分。

ことばで伝えられないもどかしさに
地団駄踏む思いというより
実際に 体のあちこちで
私は納得できない!!
ということを 息子に伝えたのだけど

そんな行為を息子はこういいます。

「そういう言語をつかう人なんだね」

まあ 息子曰く 暴力とか泣き落としとかも
ことばで表現できなくなったときに
相手を封じ込めるために使う 言語

地団駄ふむことも暴力。

そうまでして わたしは
息子に対して 圧をかけました。

そんな自分に反吐が出たのですよ!

あったかい母でありたいのに
そうでいられない
そうはさせてくれない 息子に
ため息が出るのですよ

そんな葛藤もありましたが

終わってみれば
あっけないくらいに
そこに わだかまりもなく
記憶すら曖昧で

息子の記憶に 何が焼き付けれたかはともかく

わたしは 呆(ほう)けたようになりました。

産みの儀式に似てますね。



その点、いまさらながら
うちの母は ぞんざいで偉大だったな
と・・思います。

そこに恨みつらみをもったときもありましたが、

実にわたしの進路に関してクールだった。
クールと言う言葉は 母のイメージからして
まったく そぐわないのだけど
母は 少なくとも 私からみた 母は
子どもの活躍・成功・自慢 そういったものに
重きをおかない

活躍して欲しいとか
成功して欲しいとか
自慢したいとか

そんな願いがとても希薄だと
いま振り返っても思う。

その 欲の無さに辟易したし
少しくらい 頑張ったところで
それが たいして 母を喜ばせない
という虚しさもありましたが。


けれど 息子のことで相談しても
私の心配こそすれ
孫の心配などせず、

こんどは 娘が大学院までいって
ヨガのインストラクターになりたいといえば
(心から)「それもいいんじゃない」と納得する
昔から変わらない 間の抜けた気楽さは 偉大だな

と いまさら つくづく 思います。



ま、そんな風にはなりたくないとは
つねづね 思っていますが・・


┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~




ずっと元気だった母がひざを痛めて歩けなくなりました。
うちの息子がこの夏に久しぶりに帰省するのを楽しみに
頑張って治すと言ってますが。
banner (6)
ころんを押すと笑顔がはじけます

へくそかずら(屁糞蔓) か やぶがらし(貧乏蔦) か(3)

はな姉ちゃんから 追伸 がきた。



やぶがらしかも・・・??

なんか見たことある・・・

確かに、可愛い実をつけたへくそかずらの記憶がしっかり残っていたけど、
ネットで調べてたら、たしかにやぶからしにも見覚えがある・・

へくそかずらに罪をきせてたしまったかも・・・


今度、行くときには現地調査してきます^^

                    はな




ほらね。

はな姉ちゃん 自信満々で言い切ったものの

不安になっちゃたんだ。




「へくそかずらか やぶがらしか」

第三の 真犯人なんてことは・・・?



・・ないよね

  ヾ(@°▽°@)ノあはは 

banner (6)

話は全然変わるけど、今日 もりちゃんから 電話があったよ。
もりちゃんは 今回 NLPの本部のセミナーで
絵本を読むワークをいただいたんだって。
それが昨日終わって、自分でも納得のいくパフォーマンスができたことの
報告と感謝を さぼのみんなに ということだった。
さぼで この一年たくさんの絵本の読み聞かせのチャンスを与えられ
たくさんの子どもたちや たくさんの保育士さんに出会え、
それが 自信となり喜びとなり、成長することができたということを話してくれた。
「わたしも頑張るね」といったら、
「はらちゃんも変わったよ」言われた。
ああ そうか。
震災で気持ちが落ち込んでいた自分を癒し、
これだけ、毎日何かを発信する元気とちからを
さぼと こうしてブログを応援してくださる皆さんにもらった。
一年前にくらべて 毎日がほんとに楽しい。
5月に始めたこのブログも 最低でも 一年は
毎日更新を目指して書いていきたいと思う。
一年後の変化が いまから楽しみだ。


ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)
(1965/02/20)
まつい ただし

商品詳細を見る

さぼは ここからはじまった(←クリック)







最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。